東京円結びのブランディング事業について

この内容は、今までに国内事例の少ない新たなビジネスモデルとして 当社独自に構築中の『商品ブランディングによる地域活性化』を主旨とした事業内容です。

初期投資に負担を少なく、より効果的に商品を育てて行く為の仕組み作りに力を入れております。

単なる企業マッチングではなく、企業同士の信頼性を重んじ、相互の事業理解と更なる信頼関係を築き、よりよい結果を生み出しています。

料金システムについて

以下、事例として高級・嗜好品、高価格を目標とした場合についてご説明致します。

ブランディング目的と業務内容

御社の今後の海外発信を見据え、嗜好度の高いパッケージ、また他者商品のマッチングを目的とした提案と他者商品とのマッチング実施のコンサルティング業務を株式会社 東京円結びが以下の内容で請け負います。

契約期間

基本、半永久
(契約期間毎に見直し検討を行う。基準1~3年/契約時に具体的な日程を記載します。)

コンサルティング的な要素が高い為、短期間で契約中断が生じては、効果や結果が数字として見え辛いため、契約更新の機関を最低1年、中長期的に3年を目処に行います。

業務の怠慢や一連の業務慣例化による売り上げ実績の低迷や硬直化が見られる場合、相互の話し合いの下、契約継続もしくは打ち切りも考慮いたします。

具体的な目標、また売り上げ金額などの数値は、相互の代表(業務ご担当者も含む)で、契約時、また定期契約継続の折に擦り合わせを行います。

定期契約継続の判断については、売り上げ実績のみでなく、販路開拓、また商品認知度など多角的な面で行うものとします。契約継続経過に準じ、何らかの評価基準を話し合いながら作成して行きたいと考えております。

一方的な契約解除は互いに認めません。もし、契約解除を考慮し始めた場合、その段階で、速やかに意向とその理由を伝え、なるべく関係維持して行けるよう、互いに前向きな話し合い、もしくは打ち合わせを行う事とします。

御社からの具体的業務依頼内容の確認

事例として

1:御社ご担当者さまより伺ったご相談の内容より、贈答用・高級嗜好パッケージなど(作業・進行展開により様々に拡充の可能性有り)の総合的な商品ブランディングとしてのイメージのご提案、また他者さま商品とのコラボ商品の開発(他社マッチング)の2点が主になると考えられます。

上記「業務依頼内容」が、異なる部分のあった場合、速やかに相違点やご意見を具体的にお伝え下さい。
なぜなら、貴社よりご提示頂く契約の発注・受注料金に関し、相互の商品に対する「想い」や「支払い(報酬)金額」、ブランディング作業がスタート後の売り上げ不振の「責任所在」等の発生事後の相違が生じないためです。

御社、当社の相互で料金に対し、不満などが発生した場合、速やかに其の旨を伝え、相互の納得行く金額設定を改めて決定していきます。

2:イメージ提案(以下《 》項目にて詳細を提示)は、御社の意向を伺いながら、東京円結びが行います。
実務上の効率を考慮し、御社の事業内容で補える業務や御社の得意とする業務に付いては、御社内で行うことを基本とし、御社内で行われた作業内容の経過状況などについて、東京円結びと情報交換を行いながら、一緒にブランドイメージ作りを進めて行きたいと考えております。

尚、この様なご提案をさせて頂いた理由は、御社の得意ジャンルの業務とされる部分は御社内で消化する事で、相互の経費や時間ロスを避けられます。

事業報酬請求内容

基本、契約内容の都度、相互の相談の上、決定。

その都度、上記の項目「具体的業務依頼内容の確認」の東京円結びの業務に対し、一部 御社業務と重複する箇所が発生した場合でも、あくまで当社の作業分(情報交換と同時にその作業内容の洗い出しと結果を踏まえた調整が必要になる事を考慮)して消化頂きたいと考えております。

当社への対価として、御社で毎月生じる「商品ブランディング経費」と捉え、妥当と思われる金額のご提示を頂きたいと存じます。 料金のご提示にあたり、実務経費として、通信・通話費用などを含め、以下《 》内に記載した実務労働を考慮し、ご提示をお願い致します。

《実務作業として上げられる具体的内容》

~ マッチングの交渉:相互理解を得るための時間と労力 ~

  • 貴社&マッチング予定社の各商品の理解
    (過去資料や現行商品に関する知識と使用方法などの理解の習得)
  • 他者の類似品など商品調査
  • マッチング企業の相互会社様への相互の商品説明
  • 消費者の購買意欲を増加させる 価格設定
    (パケージとして成立させる魅力作りも含む)
  • 最終パッケージに向けてのマッチング先、また販売先への価格交渉

~ ブランディングにおける具体的なイメージ作りの作業 ~

  • 各種パンフレット、HP に使用するイメージ写真撮影の為のご提案
    (撮影イメージの「ストーリー」作成と其れに合った他商品との取り合せの提案)
  • 一致する他者商品のラインナップ内からの商品ピックアップ
    (相互商品との相性と「見え方」「見せ方」の思考)
  • 海外発信を見据えた上での経験上の提案
    (カラーリング、パッケージデザイン、素材、外装のパッケージ以外の用途としての提案など。時には発信地域 毎の提案となります。
    例/中国、その他のアジア圏、アメリカ、英国、ヨーロッパ、北欧)

※ 交通費に関しては、当社(浅草を基準)の50 キロ範囲は実務経費の中に含みます。
他「特別経費として」遠方への出張の場合、交通費他、ご指定いただいた宿泊先を含め全額を請求させて頂きます。
但し、業務内容、出張発生事由(マッチング先からの業務代理)により負担割合を相談したいと考えております。

受注から実施への流れ

  • ブランディングの目的と目標を明確化(ヒアリング)
  • マッチング企業との顔合わせと打ち合わせ
  • 契約書の作成と発注・受注金額の決定、報酬支払い方法・期限の相談を決定
  • 商品の選定とブランディングの具体的範囲・内容の決定
  • PR 発信先の選定(自社店舗・イベント・地域「道の駅」や具体的販売先など)
  • 各種契約内容に沿ったご提案と実施

※ 結果が明らかになるには、実施の状況により時間的な時差があります。
あくまで、商品のブランディングと企業&商品マッチングに特化する事業です。
集客、また販売促進の具体的な対策や戦略については、別途の専門組織(営業開発専門会社)と組む事もあります。その場合は、別途料金が発生いたします。
その都度、状況の変化に応じ、相互に話し合いの時間を持つ事を前提として、今後の展開、また契約継続の見直しを行います。

ブランディング事業の事例

「梅の畑農園 梅干」高級指向商品のブランディングと新たな商品企画

・ブランディング依頼起点は、高級梅干しの販路開拓と販売価格のジレンマ。
・東京円結びが全国総代理店として上代価格や販売価格をコントロールをする事で、功労利潤を得ております。
・製造メーカーとしてのメリットは、販路拡大、出荷のコントロールなどの実務の軽減により、一層 製造へ力を注げる事、また今まで販売が困難だった高級品の在庫保有数が激減することで、年間を通し、余剰在庫の必要が無くなってきた。

※ 商品自体のレベルの維持と販路を拡大しすぎない様、商品発注と販路開拓のコントロールも合わせ、実行しております。

「梅の畑農園 梅干」のオンライショップを開設しました。

「梅の畑農園 梅干」オンライショップ

イベント出店でのコラボパッケージの提案

「こめ印化粧品」と「肌ブラシ・繭玉」のコラボ企画

新潟県胎内市「ロイヤル胎内パークホテル」内売店にて、継続して委託販売中
パッケージ製作実費と提案料金を合わせ、双方の会社へ請求(目安「上代」の20~30%)但し、パッケージングした上代が非常に高価(5 千円)となり、売れ行きは10 月納品20 セット中、半数の販売実績。今後の販路拡大が大きな課題となっています。

「高機能炭」の紹介

今後の商品展開など打ち合わせ中
実店舗のある商店などへの委託販売の販売実績分のバックマージンを予定しております。
今後の商品展開におけるデザイン提案、HP 作成含め、提案中。